FC2ブログ

paoフェイシャルフィットネス私のやり方~継続する為に私が気を付けていること~

こんにちは。
さなです。

paoフェイシャルフィットネスを
頑張っていらっしゃる方、

これから頑張ろうとされている方へ、

本日は私さながpaoを続けるため
気を付けていること

書きたいと思います。
少しでも皆様のご参考になれば
うれしいです。

私さなは、

pao中、

両手で必ず胸をおさえています!!

本気でいっています・・はい。
私は毎日この姿で
paoをやっております。

胸は縦揺れに弱いです。
paoを私のように
ひざを上下に動かすことで
動かすようにしている方
多いと思うのですが、
当然胸も上下にゆれます。

揺らさないよう手でおさえるのです。
ブラジャーだけに任せては
おけません。

正直、paoをやっているだけでも
かなり情けない格好ですが、
そこは情けないついでです。

必ず胸を両手でおさえながら
やっています。

我ながらすごい格好です。
しかしながら、
1回30秒を1日2回。
短いように思えても
これを1年つづけたら
すごい時間です。

胸をつるしている「クーパー靭帯」
というものは、縦の揺れに弱く
しかも一度のびてしまうと、
もとには戻らない、とも
言われています。

奇麗になるために始めたpaoで
胸がたれてしまったら
悲しいですから、
たとえ胸をおさえてpaoをやる姿が
恥ずかしくても、

私は胸をおさえてやっているのです。

あくまで個人的見解です・・。
もしかしたら押さえなくても
胸はたれないかもしれない・・
でもたれる危険性がある限り
私は押さえ続けます!
ご賛同頂ける方は
ぜひ胸をおさえて
paoをやってください。

もう1つ気を付けていること
それは、

paoは目に入るところにおく

ということです。
こちらは自信をもって
おすすめできます。

何かを続けるために必要なことは
「やる気」
ではありません。
やる気は続きませんし、
やる気になることを待っていても
いつくるか、こないのか、さえ
わかりません。

勉強でもなんでも
「やる気」に頼ってはいけない
と私は常々思っています。

「くせにすること」
これが一番です。

くせにするためには
とにかく目につく場所、
手に取りやすい場所、
においておくことです。
私はソファーにいつも置いて
います。
(もちろんいたずらされないよう
に気をつけておいています。
我が家のそらは始めのころは
興味津津、かじかじしようとして
いましたから、警戒しております。
猫ちゃんわんちゃんや
小さいお子様のいる方
お気をつけて!)

継続こそ力です。
継続してはじめてその商品が
本物なら恩恵をもらえるし、
もらえない商品だったとしても
正当に批評することもできるのです。
中途半端はもったいないですから、
続けられる環境を作ると
良いですね。


ちなみに、ものぐさな私は、
マウスピースの部分を
その都度新しいラップでまいて
使用しております。
ただ、安全に使う、という観点からは
お勧めできる方法ではないのだと
思います。
余計すべりやすい、という口コミも
ありました。
やはりきちんとその都度洗って
やられることをおすすめします。
以前はなかった替えのマウスピースも
発売されましたので、かえを用意して
おくのも良いですね。



paoを使い始めのころは、とにかく口から
paoが飛び出すと思います。
私もよく、すっぽん、と飛び出しました。
下にはそらがいますから、
30秒間、油断せず、口から出たら
キャッチするこころがまえで
paoをやっておりました。
胸にやっていた手を伸ばし
飛び出したpaoをキャッチする・・・
かなりのスキルを手に入れました。


paoの説明書にも
「まわりにものがないこと、人または
ペットがいないことを確認してください。」
と書いてありますが、
確かに気をつけた方がよいと
感じますので、始められる方は
お気を付け下さいね。

説明書をよくよんで安全に
正確にpaoを使いきれいに
なりましょう!



このようになんだかんだ
自分なりに工夫をし
2ヶ月たった今も楽しく
続けております。

私の成果はこちらから
paoは効果なし?使って2ヶ月の比較画像ですがいかがでしょうか



pao仲間の皆様
これから始めようとして
いる皆様
若々しい顔を目指して
頑張りましょう!

ちなみにpaoは日本製ですよ。
うれしいですね。

paoを購入されるなら
10%以上offの信頼のアマゾン(販売・配送)

アマゾン PAO ページへ

or

楽天公式ショップをおすすめします。

口コミの数600超えです。
ぜひご確認を


MTGメーカー公式楽天ショップへ




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア