FC2ブログ

お風呂でリラックスなら木曽ヒノキの風呂桶がおすすめです~梅沢木材の湯桶で快適に~

こんにちは。
さなです。
太陽が出ている日は気持ち良いですね。
太陽に感謝です。

昨日お風呂に入っていて
改めて思ったことがありました。

それは・・・
ヒノキの風呂桶はやっぱりいい
ということ。

私は今、エプソムソルトを入浴時
に使っています。
エプソムソルトとは

このエプソムソルトの説明書に
10分から20分入浴する。
と書いてありますので、
素直に20分湯船につかって
おります。

その間、私の目に入り、
私が触れたり、遊んだりしているのが
木曽ヒノキの風呂桶です。
湯おけ 006

本来、桶に最も適している木材は
乾燥による収縮率が少なく、
反ったり、歪んだり
しない木材「さわら」だそうです。
収縮が激しかったり
歪んだりする木で桶を作ると、
すぐにタガ落ちしたり
底が抜けたりしてしまうらしいです。
それはそうですよね。
お風呂なんて、湿気がすごかったり、
換気扇ですごく乾燥させたりの連続ですから
いちいち反応が強い木材だと
すぐにダメになってしまうだろうと
いうのは想像できます。

ですので、一般的な「ヒノキ」は「さわら」に
比べると桶製品に向いてはいないそうです。

しかし桶に向いた、
さわら材に匹敵する唯一のヒノキ、

それが私の使っている湯桶の木、
木曽のヒノキだそうです。

2年以上使っておりますが私も
それを実感しております。

我が家の風呂桶についてのブログを読む

しかしながら、私がこのヒノキ湯桶が
好き理由は、湯桶に向いているとかいないとか
そういった理由からだけではありません。

好きな理由、それは・・

私の五感を癒してくれるから

です。

人は森林にいくと、爽快な気分になったり
しますよね。
その気分にさせてくれるのは
フィトンチッドという木々が出す芳香
のおかげと言われています。

脳内のアルファー波の発生を促し、
精神を安定させ、
呼吸を正常に整え、
交感神経の興奮をおさえる、


そんなフィトンチッドは木製品になっても
効果は持続する
、と言われています。

実際のところは、マイナスイオン同様
そこまで確実で明らかな研究結果は
でていないようですが、
私は確かに、この木曽ヒノキの湯桶から
日々、リラックス効果をもらっています。

湯船につかりながら、

私の視覚を癒し、
私の嗅覚を癒し、
私の聴覚を癒し、
私の触覚を癒し、
私の味覚をい・・・いえいえ
味覚はさすがにいやしません。
五感ではなかったですね。

でも、殺風景なお風呂の中に
木という暖かい存在を見ることで
視覚的に癒され、
2年以上たち、もとの香りはなくなり
ましたが、それでもプラスチックには
ない香りに癒され、
湯桶をポンポンとたたいた時の
素晴しい音に癒され、
プラスチックとは違う、
なめらかでやさしい木の感触に
癒され、

私のお風呂タイムは確実に
変わったと言えるのです。


毎日20分お風呂につかりながら
一緒に湯船につかってくれる
木曽桧の風呂桶 。
自然に感謝の気持ちが湧きあがります。

湯もくみやすく、
お手入れはお風呂からあがる際に
お湯の中にいれ、やさしく手でこすり、
お風呂と脱衣場の段差に
下を向けて立てかけておくだけ。
それだけですが、今もきれいです。
※エプソムソルトなどヒノキへの影響が
わからないものをお湯に入れている時は
必ず最後に水で洗っています。


プラスチックの桶になにか
物足りなさを感じている方、

お風呂に少しでも癒しを取り入れたい方、

風呂桶を買い替えようと、次の風呂桶を
探している方、

梅沢木材の木曽桧の風呂桶を
ご検討されてみてはいかがでしょうか?

詳細をご確認されたい方は、
さなが購入したこちらの楽天ショップへ

職人仕立ての桶木曽桧湯桶





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア