Kindleの本をiphoneで読む~しつこい疲れは副腎疲労が原因だった~

こんにちは。
さなです。

皆さんは本を読まれますか?
私は、よく本を読みます。

昔は紙の本を書店やアマゾンで、
数年前iphoneを買ってからは
アマゾンのKindle ストアで電子書籍を購入
して読むことが多くなりました。

他の電子書籍サイトも利用しますが
アマゾンは普段から利用している為
ログインしやすく
スマートフォンからも1秒で
購入できるので愛用しています。

電子ブックを持っていなくても
iphoneipadなどの
端末を持っていれば
アマゾンKindleのアプリを無料で
ダウンロードした後
Kindleストアで本を購入すれば
読むことができます。

パソコンでKindleを読むことは
最近まで出来なかったようですが
Kindle Cloud Readerという
マンガ、雑誌、洋書のみ
読めるサービスも昨年始まったようです。
でもちょっと面倒くさそうです。

やはり電子書籍のよいところは
どこでも読める、ということですので、
常に持っているスマートフォンをメインに
してもよいかなと思います。

とはいっても画面は
小さいより大きい方がやっぱり
読みやすいです。

私は最近までiphone4sでしたので
家ではipad airで読むことが多かったです。
ただ、今は6プラスに変えたので
画面も大きくipad airでなくても
問題なく、とても満足しており、
ほぼiphone6プラスで読んでおります。

スマートフォンなどが小さい方は
家用にタブレット(電子ブック)を
持つことをおすすめします。

APPストアでKindleと検索すると
すぐにわかります。
口コミもたくさんありますよ。

「Kindle電子書籍リーダー」というのが正式名称ですね。


私は電子書籍を利用するように
なってからますます多くの本を
読むようになりました。

理由としては

①Kindleで販売されている書籍は
 通常紙の本より安くなっていて
 手が出しやすい
②本屋さんで見つけられない本も
  たくさんある
③サンプルをダウンロードして
  中身を確認してから買えるもの 
  もある
④読みたいと思ったときにすぐ読める
⑤失敗しても気持ちの凹みが少ない

でしょうか。

ハードカバーの本などは
紙で買うと高いですよね。
それで中身が期待に応えてくれない
ものだと本当に凹みます・・。

本棚見るたびに、その存在感ゆえに
「なんだよ」
って気持ちになっちゃいます。

でも電子書籍ならそんなことないです。
Kindleで買った本一覧の中の1つに
すぎないのです。
もう二度と読まない
と思えば、ポチッと
削除しちゃえばよいのです。

本当に小さなストレスでも短い人生
絶対感じない方が良いに決まってる。

紙の本は売る時も重くて
大変だし・・。


④に関しては時間がある・・そう思ったときに
本屋さんに行かなくても本を手に入れられる

これってすごいことです。

アマゾンプライムで午前中注文しても
ゲットできるのは夜だし、本屋さんに
行って帰ってくる時間もいらない。

すぐ読書タイムに入れる。

世の中は進歩しました。
せっかくですからその進歩を
たくさん楽しみましょう。

目が疲れるのでは?と心配される方
いらっしゃるかもしれませんが
私は電子書籍専用端末ではない
iphoneやipadで読んでいますが、紙の本
の時と差は感じていないです。
電子書籍だから疲れる・・
と思ったことはないです。
でも目に悪い・・といわれている
ブルーライトカットのフィルムは
きっちり貼ってあります。
長時間読むと疲れますが、それは紙の
本でも同じですね。

ただやはりそこは専門のリーダーです。
iphoneやipadより電子書籍リーダーの
方が疲れにくい・・という意見も
見かけます。

電子書籍リーダーは、Kindle始め
いろいろな端末がでているので
目の疲れ具合など口コミを
まず確認することをおすすめします。
ちなみにKindle Paperwhite
というのは
まるで紙の本を読んでいるよう、という
感想も多いです。



電子書籍が世に出てきたときは
「本は紙で読むのが一番。
電子書籍なんてつまらない
何しろ情緒がない」
なんて思っていました。

が今は電子書籍というものが
生活の一部になり、私の
心に、生活に
潤いを与えてくれています


全ての本が電子書籍になっている
わけではないのが残念ですが、
電子書籍のおかげで私がゲットした
知識や感情は、きっと紙の本だけだった時
の倍ではきかない
と思います。
だって紙の本を買っていた時より
沢山の本を買っているから。

本屋さんをのぞくのが好きな人。
きっとKindleストアをのぞくのも
同じくらい楽しい時間になると思います。

本はやっぱり楽しいです。

そんな私が今日購入したのは

タイトルにも書きました
「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」
は、いろんな体の不調は
副腎という内分泌器から出るホルモンが
乱れて起こってしまう・・という内容です。

実は私、数ヶ月前から
じんましんが毎日でておりまして
原因はストレスの場合が多い、
とお医者様に言われています。

じんましんもそうかもしれないけれど
よく病院で「ストレスですね」という一言で
片づけられてしまうことがあります。

その一言では到底納得できません!
というのが本心ですよね。
ストレスをなくすというのは
物事によってはとても大変なことで
取り除くことが不可能なことも
あります。

ですからストレスという状態
が体にどういう悪い影響を
与えるのか
、それをストレス自体を
取り除けなくても、少しでも
良い方向にもっていくことは
出来るのか
、そこを私たちは
知りたいのだと思うのです。

この本は、副腎の働き、
なぜストレスがよくないか、そうなった場合
どうすればよいか、といったことが
誠実に、丁寧に書かれています。

私も生活スタイルや食生活を
変えたら、じんましんも
治るのだろう、と思っては
おりましたが、この本を読んで
少しの間だけでも体質改善を
頑張ってみよう
と思うことができました。

表面的で心に響かない本も多い中
この本は、誠実な本だと感じました。

ご興味のある方は
チェックしてみてください
アマゾンでは口コミも20件ほどあります。
Kindleストアで590円、
通常の書籍ですと637円でした。(1/3現在)



Kindleの情報はこちらでご確認を
↓↓↓







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア